薄毛、抜け毛の原因:40代50代 薄毛が一番進行する年代の対策法

40代、50代の薄毛。40代、50代を取り巻く環境は苛酷。お酒やタバコの過剰摂取、過労気味、ストレス、運動不足・・薄毛、抜け毛の原因のオンパレードです。何もしなければ完全に・・・でも大丈夫!まだ間に合います。解決方法はココにあります。
MENU

40代、50代薄毛対策をシッカリしなければ、「完全薄毛」になりますよ!!

 

40代、50代になってくると仕事上のストレスも以前より増え、また体力も落ち始める年代。
接待等での外食が続きタバコ、お酒の量も増え、寝不足気味の毎日が続きます。

 

これらは立派な「薄毛原因のオンパレード」です。

 

40代、50代は薄毛治療薬・プロペシア、ミノキシジルで薄毛回復を目指す。

現在、国が認めた薄毛治療薬はフィナステリド(商品名プロペシア)とミノキシジル(商品名リアップ、ロゲイン)です。
この2つの薄毛治療薬は性質が違います。

 

★フィナステリドは「脱毛を止める」予防タイプ(飲み薬)

 

★ミノキシジルは「発毛を促進する」攻撃タイプ(塗布、塗るタイプの外用薬)

 

 

飲み薬のフィナステリドと、塗布・塗るタイプの外用薬ミノキシジルを比べてみると
ミノキシジルの方が副作用は少ないと思います。
詳しくは薄毛治療薬の副作用薄毛治療薬の副作用医者はプロペシアよりもミノキシジルを信じてる?を御覧ください。

 

もちろん40代、50代でも薬の副作用、特にフィナステリドの「男性機能の低下」は気になるとは思います。
ただ20代30代の方が「子作り」に関しては気になると思います。
40代、50代では「子作り」の時期は落ち着いている年代です。

 

40代、50代ではシッカリとフィナステリド(プロペシア)とミノキシジル(リアップ、ロゲイン)開始

しかし・・
40代を超え出すと、予防(フィナステリド)だけでは間に合わないかもしれません。
「完全薄毛化」が気になるならば攻撃(ミノキシジル)も必要な年代です。

 

ドクター(薄毛専門医)の問診が受けられて、薬の処方をしてくれるクリニックは・・

・信頼できる薄毛専門クリニックは・・・
薄毛専門クリニックは・・薄毛専門クリニックは・・「プロペシアやミノキシジルはどこに行けはもらえるの?」を御覧ください。

 

プロペシアの効果がない?生え際部分の髪の毛を復活させる方法とは・・

・プロペシアを飲んでも効果がでない人には・・
ウーマシャンプープレミアムウーマシャンプープレミアムザガーロならば生え際・M字部分にも毛が生える?薄毛治療の最終兵器をご覧ください。

 

薄毛専門クリニック:プロペシア最安値

・新宿・大阪・札幌・仙台・福岡 その他全国25ヶ所で薄毛治療ができるクリニック
AGAルネッサンスクリニックAGAルネッサンスクリニックAGAルネッサンスクリニック

 

ミノキシジルの効力をパワーアップさせる方法があります。

実はミノキシジルの有効成分のほとんどは毛根に達していない。
塗布・塗るタイプの外用薬:その有効薬用成分のほとんどは頭皮から流れ落ちている。!
塗布型の発毛剤(ミノキシジル)ではその発毛有効成分の約80%は髪を育てる毛根まで届かず流れ落ちている。
結局、発毛有効成分の20%しか毛根に達していない。

 

ミノキシジルは通常は「塗布・頭に付けるタイプ」ですが、「飲むタイプ:ミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)」があります。
発毛促進剤ミノキシジルを飲めば、有効成分の50%は毛根にまで届きます。

 

有効成分がより多く毛根・毛母細胞に届けば、それだけ発毛・育毛効果も上がるはずです。

 

発毛・育毛効果をよりパワーアップさせるには
詳しくはミノタブの効果ミノキシジルを飲んだら(ミノタブ)の効果はスゴイはず。を御覧ください

 

関連ページ

AGA 「抜け毛」から始まる「薄毛化」
血行不良 栄養分が無ければ髪は抜けてしまう!
生活習慣:タバコ,外食,寝不足,ストレスでハゲる!?
間違った頭皮ケア:毎日のシャンプーでハゲる!?
20代 若ハゲは20代でもやってくる!
20代の薄毛、抜け毛で悩む人がふえています。抜け毛の原因を知らなければ若ハゲは日々攻めてきます。まだまだ若い20代の薄毛、抜け毛で悩む人がふえています。抜け毛の原因を知らなければ若ハゲは日々攻めてきます。まだまだ若い20代。薄毛なんて関係ないと思っているアナタ!何も対策をしなでいるとヤバいですよ!若ハゲの原因と改善・対策方法をお教えします。
30代 若ハゲ時代に突入?まだ間に合います!
30代の薄毛。そろそろ薄毛、抜け毛が気になる年代。知らないうちに育毛剤や発毛剤のCMを見ていませんか?30代の薄毛、抜け毛の原因を知らなければ若ハゲが攻めてきますよ。何もしないと完全に若ハゲに・・解決方法はココにあります。

薄毛治療薬、育毛剤で髪を生やす。

自毛植毛で自分の髪の毛を復活させる。

薄毛をカバーする:髪を増やす

発毛剤を頭皮に注射!最新薄毛治療。

薄毛・ハゲの基礎知識

このページの先頭へ