MENU

自毛植毛手術の種類 FUE方式 FUT方式

自毛植毛手術後に後頭部の「傷跡」は目立ってしまうの?

 

20年ほど薄毛業界で働いていますが、自毛植毛に関してこのような質問(疑問)を受けました。

 

「自毛植毛は手術後にバレないの?」
「移植する髪の毛はどこから摂るの?」
「後頭部周辺に傷跡は残ってしまうの?それって目立つの?」
「切らない自毛植毛ってホントに傷はないの?」

 

自毛植毛には興味はあるが、やはり不安な点は多いようです。

 

 

切らない・メスを使わない自毛植毛ってどんな手術方法なの?

 

最近インターネット上でもよく目にする自毛植毛の広告
「切らない・メスを使わない自毛植毛!」

 

ではこの「切らない・メスを使わない自毛植毛」はどのような手術方法なのでしょうか?

 

自毛植毛手術の方法の違いによって傷跡(傷の大きさ・形状)は異なる。

 

「後頭部周辺から移植用の髪の毛(毛根)の摂取方法の違い」
によって自毛植毛手術の方法は大きく2種類に分けられます。

 

FUE方式 「切らない・メスを使わない自毛植毛方法」

 

FUE方式
・「切らない・メスを使わない自毛植毛」
・後頭部周辺から移植用の髪の毛(毛根)を摂取する際に、小さなストロー状・筒状(直径1ミリ以下)の装置(通称:パンチ)でくり抜いて(毛根を)取り出す方法
・くり抜いて髪を摂取する際に毛根を傷つけると、移植しても「生えてこない」状態になるので、ドクターの熟練した技術が必要になります。
・また最近ではこの「くり抜く作業」をロボット(コンピューター制御)で行うクリニックも増えています。
 (ロボット・自毛植毛機械が不安な人は・・自毛植毛ロボットって安全?失敗しないの?信用できるの?自毛植毛ロボットって安全?失敗しないの?信用できるの?をご覧ください。

 

FUE方式:メリット

・後頭部を「切らない」ので傷跡が目立ちにくい
FUE方式でも「小さな筒状(円形、直径約1ミリ以下)の傷は残ってしまいます」
ただ、とても小さな(直径約1ミリ以下)傷の為、数ヶ月で殆ど目立たなくなってしまいます。
・複数回の植毛手術が可能
・後頭部周辺の皮膚が固い場合でも毛根を摂取することが可能
(後頭部の皮膚が固い場合はFUT方式:切る自毛植毛は困難)

 

 

FUE方式:デメリット

・手術費用が(FUT方式:切る自毛植毛と比べると)高い。
・施術時間が非常にかかる。
・多くの本数(グラフト・株)移植するには担当ドクターの技術の「差」が大きくでる。
 (詳しくは一度で植毛できる本数、密度はドクターによってかなり違いがある一度で植毛できる本数、密度はドクターによってかなり違いがある・・・をご覧ください。)

 

 

 

FUT方式 「切る自毛植毛方法」

 

FUT方式
・「切る自毛植毛」
・後頭部周辺から移植用の髪の毛(毛根)を摂取する際に、頭皮を幅約1~1.5センチで、帯状に切り取りる方法。
・帯状に切り取り取った部分は、縫い合わせる。
そのため、後頭部には「1本の線状の傷・縫い跡」が残ります。
ここでも担当ドクターの技術の「差」がでます。
熟練したドクターでは「ほとんど傷が目立たないくらいの線状」ですが、
熟練者でなければ「傷跡が大きくなる場合」があります。

 

FUT方式:メリット

・施術時間が(FUE方式と比べると)短い。
・多くの移植本数を望まれた場合(薄毛面積が大きい場合)でも、多くの移植用の毛(毛根)が摂取しやすい。
また、後頭部周辺の毛の密度が元々荒い人でも、移植用の毛(毛根)が摂取しやすい。
「人の手で見ながら」毛根を切り取る作業を行うので、毛根に傷が付きにくく、定着率が良い

 

FUT方式:デメリット

・後頭部の頭皮が堅い場合は「切ること」が困難。
・手術後に頭皮のつっぱり感がでる場合がある。
・担当ドクターの技術力・熟練度の「差」によって、後頭部の線状の傷が大きくなる場合がある。
(詳しくは後悔しないクリニック・ドクターの選び方をご覧ください。)

 

結局 FUE方式、FUT方式はどちらの手術方式が満足できるのか?

 

FUE方式、FUT方式、両方の手術方式共にメリット、デメリットはあります。

 

★薄毛部分の面積が小さい、増やしたい部分の面積が小さい場合は
 FUE方式:切らない・メスを使わない自毛植毛での満足感が大きいです。

 

 

★薄毛部分の面積が大きい、増やしたい部分の面積が大きい場合で
しかも「後頭部周辺の髪の毛の密度が元々荒い」場合は
 FUT方式:切る自毛植毛での満足感が大きいです。

 

 

自毛植毛手術後の傷跡の問題はドクターの技術力・熟練度の「差」によるところが大きい

 

担当ドクターの技術力・熟練度(判断力)が「低ければ」
FUT方式で「線状の傷跡が大きくなり「目立ってしまう」場合が発生します。
FUE方式で「元々後頭部の髪の毛の密度が荒い」にもかかわらず「多くの毛根を摂取してしまうと」
手術後に「筒状の傷跡」が目立ち、また後頭部の毛の密度が(手術前以上に)スカスカになり不自然な仕上がりになる場合があります。

 

 

自毛植毛手術は完全な「外科手術」です。
外科手術の成功はドクターの技術力・熟練度で決まるといっても良いです。

 

技術力・熟練度の高いドクターの居るクリニックを選ぶことが
「後悔しない・満足できる自毛植毛」には重要です。

 

後悔しないクリニック・ドクターの選び方

詳しくは後悔しない自毛植毛クリニック・ドクターの選び方コチラをご覧ください。

 

関連ページ

人工毛植毛との違いは何?人工毛は危険なの?自毛は安全?
自毛植毛とは自分の髪を利用して薄毛部分に移植し増やす手術。人工毛植毛は人工的に作った毛を植え増やす。自毛植毛は皮膚科学会でAランク、人工毛植毛はDランク。この違いは何?Dランクって危険?その疑問に業界20年の管理人がお答えします。
費用はどれくらい?髪の毛1本の値段はいくらくらいする?
自毛植毛にかかる費用はどれくらい?同じ薄毛状態でも自毛植毛クリニックによって見積もり費用の差はかなりあります。この違いは何なのか?また移植用の毛根の摂取のやり方でも値段は変わってくるの?そんな疑問に薄毛業界20年の管理人がお答えします。
自毛植毛で失敗するケースは何?毛は生えてくるの?傷跡は目立つ?
自毛植毛で失敗すると髪の毛は生えてこないの?切らない・傷が残らない手術はどうするの?後頭部は刈り上げなくてはダメ?後ろの傷は目立つの?シャンプーはすぐにできるの?手術は痛いの?そんな疑問に薄毛業界20年の管理人がお答えします。
自毛植毛で満足するタイプ、満足できないタイプ。その違いは何?
自毛植毛ロボットって安全?失敗しないの?信用できるの?
後頭部の毛を剃らない、刈り上げないで手術はできないの?
植毛クリニックやドクターはどうやって選べばいいの?
最近は色々なクリニック、ドクター(医師)が自毛植毛をおこなっています。専門の病院、薄毛治療(薬投与)を主におこなっている薄毛専門病院、美容整形外科など・・結局どこで手術をうければ良いのでしょうか?後悔しない自毛植毛クリニックの選び方とは・・
手術を受けるまでの過程は?手術後のアフターケアはどうするの?
1回の手術で完成できるの?1日で何本植えられるの?
自毛植毛とは自分の後頭部周辺の髪を利用して薄毛部分に新しい毛を増やす薄毛治療手術。でもデメリットや失敗して髪が生えてこない場合もあるの?信用できる自毛植毛クリニック・ドクターの選び方は?そんな疑問に薄毛業界20年の管理人がお答えします。

薄毛治療薬、育毛剤で髪を生やす。

自毛植毛で自分の髪の毛を復活させる。

薄毛をカバーする:髪を増やす

発毛剤を頭皮に注射!最新薄毛治療。

薄毛・ハゲの基礎知識

このページの先頭へ